風の会について

概要

特定非営利活動法人 国際協力NGO風の会(以下、「風の会」)はカンボジアの子どもたちへの教育支援を行っている、早稲田大学の学生を中心としたNPO法人です。

カンボジアでは孤児院の子どもたちを対象にした英語・理科教育支援や農村への学校建設事業・事後支援を継続的に実施しています。

また、日本では支援金獲得・広報啓発活動を目的に、チャリティーライブの開催や各種イベントへの出展、小中高校への国際理解教育の出張授業を実施しています。


設立経緯

風の会は設立者である宮瀬英治氏がアジア各国で国際協力活動を行い、明日さえ定かでない身寄りのない子どもたちへの「優しい追い風」になりたいという思いから、1999年12月に設立されました。


設立趣意書

設立趣意書とは、風の会の設立者・宮瀬英治氏が、会を設立した際に作成した文章であり、風の会の活動理念を表しています。設立から10年以上経った今でも、この「設立趣意書」は風の会の活動の原点であり続けています。

すべての子どもたちが未来への希望をもてる世界が理想です
しかし 世界には 明日さえ定かでなく
今も泣き 飢え 死んでいく子どもたちがいるのです
私たちはそれをずっと知っていました
しかし 私たちは何かをしようとはしませんでした
それは 私たちが自らの可能性を信じず 理想を持っていなかったといえるのです
ここで 私たちは思いを新たに誓います
たとえ小さくとも 私たちの確かな情熱と愛が 子どもに希望の明かりを燈し
未来への扉を開く追い風となることを確信します
そしてここに 国際協力行動隊「風の会」の設立を宣言します