支援先について

風の会は2013年現在、風の会はカンボジア王国のバッタンバン州にある2つの孤児院に英語教育支援と総合教育支援を、2つの農村に学校建設事業とその事後支援を行っています。

ノリア孤児院

ノリア孤児院

HOC(Hope of Children)というカンボジア国内のお坊さんが設立したNGOが運営している、風の会の設立当初から支援を続けている孤児院です。

貧困・エイズなど様々な理由で親を亡くした子、貧困により親元では生活を営むことが厳しい子、学校と家が遠すぎず家からでは学校に通えない子など、約80名がHOCスタッフの保護の下生活しています。


オダンバン平和の子供の家

オダンバン平和の子供の家

1994年にカンボジア憲法の草案者の一人であるスソンベア氏や石川洋氏の尽力により設立し、風の会が2008年から支援を続けている孤児院です。

貧困・エイズなど様々な理由で両親共に亡くした子どもたち約50名がスタッフの保護の下生活をしています。


ロムチェック村

ロムチェック小学校

バッタンバン州の中心部から50キロメートルほど離れたPrey Svayコミューンにある農村です。

2009年に大和ハウス工業株式会社のご協力のもと、Happy Hug Rom Chek Primary School(通称:ロムチェック小学校)が開校しました。2012年現在170人の子どもたちが小学校に通っています。


トゥルコキ村

トゥルコキ中学校

バッタンバン州の中心部から80キロメートルほど離れた、Prey Tralachコミューンにある農村です。

教室が足りず、トゥルコキ小学校の約50%の生徒が中学校に進学できない状況でしたが、2012年に大和ハウス工業株式会社のご協力のもと、トゥルコキ中学校が開校しました。2012年現在260人の子どもたちが中学校に通っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です