すべての子どもたちが未来への希望をもてる社会のため、教育支援を行う国際協力NGO風の会

HOME > 孤児院プロジェクト

孤児院プロジェクト

孤児院プロジェクト

―孤児に将来を切り開く確かな能力を―

 

孤児院プロジェクトとは…

 

オダンバン平和の家の子どもたち(Peaceful Children Home Ⅱ)を

対象とした英語教育支援事業と理科教育支援事業です。

孤児院があるバッタンバン州は

いまだに貧しく、教育環境も十分ではありません。

しかし経済発展を遂げるカンボジアで生活するためには

確かな能力が必要とされています。   

 

 孤児が自立できるよう、自らの可能性を広げるために、

理科と英語という社会で活かせる力を身に付け、

将来の選択肢を広げることを目的に、

現地で教師を雇い孤児院で英語教室と

理科実験教室を運営しています。

 

 

 英語教室では、そこで勉強した生徒が教師となり、

年下の子どもを教育するシステムを創出し、

孤児院内での英語教育の自立も目指しています。

 

 

 理科実験教室では、小さい子どもでも参加できる

実験を通して、子どもたちが楽しみながら理科を

学べるよう工夫がされています。